優待投資をするために大事な2つのこと

公開日: : 最終更新日:2013/11/20 つかえる優待, 節約

Fotolia_57695195_Subscription_Monthly_XXL

前回の記事(株主優待をおぼえると生活がレベルアップするよ)では、

株主優待を活用すれば、節約になるよ!ということを書きました。

「じゃぁさっそく優待を探しに行こう!」と思った方、ちょっとお待ちください。
(そんな人いないか・・)

前回も書きましたが、株式投資はお金を減らしてしまう危険性が十二分にある選択肢です。

少しでもお金を減らしてしまう可能性を少なくするために、
買う企業選びのための2つの目安について書きたいと思います。

1.利益を出し続けていること。

これは実は厳しい基準ですが、とても大事なことです。

ネットでは、各企業の3年〜5年の決算情報を見ることができますが、
おすすめしたいのは、その3年なり5年なりの期間、一度も赤字を出していないことです。

試しに一緒に見てみましょう。

まずヤフーファイナンスに行きます。
http://finance.yahoo.co.jp/

ページ上部にある検索ボックスに適当な企業名を入れてみましょう。
ここでは、日本が誇る大企業「トヨタ」と入れてみます。

検索ボックスのスクリーンショット 2013-11-20 0.14.14

 

いくつか出てくる企業のうちトヨタをクリックすると、トヨタのページにいきます。

トヨタのページ

スクリーンショット 2013-11-20 0.15.11

 

株価の下にならんでいるいくつかのメニューの中から「企業情報」をクリックし、
つづいて、サイドメニューから「連結決算」をクリックします。

すると決算のページが表示されます。
ヤフーでは過去3年分の決算情報が見られますね。

 

決算のページ
スクリーンショット 2013-11-20 0.15.50

 

表に数字がたくさん並んでいて、頭が痛くなってきてしまいそうですが、もう少しの我慢。
見るのは1箇所だけです。

前記、2期前、3期前の、「当期利益」という欄を見ます。

962,163百万円
283,559百万円
408,183百万円

などと書いてありますね。

962,163百万円とは、9621億6300万円のことです。

トヨタは過去3年、黒字を出し続けていることがわかります。

一度も赤字をださずに黒字をキープしているので、基準をクリアしている、といえます。

 

同じように、今度は、パナソニックの決算情報を見てみてください。

パナソニックも日本では屈指の巨大企業ですが、
決算情報を見てみると

過去2年にわたって大きな赤字を出していることがわかります。

 

パナソニック
スクリーンショット 2013-11-20 0.23.04

 

パナソニックが将来大きな利益を出すと見込んで買ってみるのもいいですが、
安全をとるのであれば、選択肢からは除外したほうがよいでしょう。
株式投資でもっとも恐ろしいのは、その会社がつぶれてしまうことです。

つぶれてしまったら、せっかくのお金が0になってしまいますから。

当たり前の話ですが、会社は安定した黒字を出している限りはつぶれません。

優待投資とは、長期的にその株を持ち続けることですから、
将来にわたってつぶれない可能性が少しでも高い企業を買ったほうがよさそうです。

 

2.優待+配当率が2〜3%以上あること

企業には、配当金だけ出しているところもあれば、
優待だけ出しているところ、
配当も優待もだしているところ、と様々です。

その優待と配当の年間合計が買値の2〜3%以上あると魅力的です。

例えば、10万円で購入した企業の配当が年間1000円、
優待でお食事券が2000円もらえるならば、

1000円(配当)+2000円(優待)=3000円

10万円の3000円は3%ですから、魅力的な投資となりそうです。
前回も書いたように、優待は、自分がよくいくお店や、よくつかうサービスのものを選ぶのがコツです。

そうすることによって、実質お金をもらったのと同じになりますから。
現在は、日本の株式が上がっているので、こういった3%以上という企業は少ないですが、

株の値段なんて、上がり下がりしているものですから、安くなってくるのをのんびり待ってから
買ってもいいんです。
(むしろ焦って買わないように注意してください)

年に5%の還元がある企業を5年ももっていれば、もうそれで買値の25%分は還元されていますから、
株価が少し値下がりしたくらいではまったく気にならなくなります。

 

最初は厳しすぎるくらいに基準を守ろう

何度もいいますが、株式投資は安全なものではありません。
始めてみると意外に簡単なので、ポンポンとつい大胆に買ってしまうものですが、
慎重さをつねに気にかけることを覚えてください。

とはいえまずは余裕資産で、優待投資をしてみることはおすすめできる方法です。

ぜひトライしてみてください。

 

ハッピーローコストライフ!

関連記事

Fotolia_42404994_Subscription_Monthly_XXL

ローコストで価値の高い旅行

家族サービスのため、日頃の仕事のリフレッシュのため、 趣味として。 旅行にいく理由は

記事を読む

Fotolia_57515385_Subscription_Monthly_XXL

株主優待をおぼえると生活がレベルアップするよ

日本の上場企業の数は約3400社(2013年11月現在)あります。 この数は、私たちが買え

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fotolia_42404994_Subscription_Monthly_XXL
ローコストで価値の高い旅行

家族サービスのため、日頃の仕事のリフレッシュのため、 趣味と

Fotolia_57695195_Subscription_Monthly_XXL
優待投資をするために大事な2つのこと

前回の記事(株主優待をおぼえると生活がレベルアップするよ)では

Fotolia_57515385_Subscription_Monthly_XXL
株主優待をおぼえると生活がレベルアップするよ

日本の上場企業の数は約3400社(2013年11月現在)ありま

Fotolia_38438257_Subscription_Monthly_L
施設のチケットを激安で買う

僕には妻と2人の息子がいます。 休日はゴロゴロしているほ

本を読む女性
お金をかけずに幸せになれる趣味

どんなものであれ、趣味を持つことは、その人の生活を豊かなものに

→もっと見る

PAGE TOP ↑